手軽な被リンク対策

今回ご紹介する手軽な被リンク対策は、実はこれだけを行ったからと言って飛躍的に効果が高まるモノではなく、基本的に被リンク対策は手軽なものであればあるほどそれほど効果を見込めないものになっています。

もちろん、自分が加盟している団体などからの被リンクやイベントに参加することで張られる被リンクであれば、それなりに効果を得ることが可能ですが、実際にこれらはなかなか得れるものではないので、誰もが簡単に行える対策が中心になってきます。

そしてその際に、これらのツールは実は簡単であれば簡単であるほど被リンク元のグーグルの評価は低いものになってくるので、それほど効果を得ることができません。

ただ、していないよりはしておいた方が良い対策になるので、空いた時間に以下のツールを利用して被リンク対策としてみてはいかがでしょうか。

手軽な被リンクは効果が薄い

手軽な被リンクは効果が薄い

まず、被リンク対策法をご紹介する前に、手軽な被リンク対策は実はそれほど効果を生まないと理解をしていく必要があります。

どういうことかというと、基本的には被リンク対策が手軽であればあるほど、その効果は低いものになっていて、当然のことですが、グーグルが手軽についた被リンクは実はその被リンク元のホームページもいい加減なことが多いので、それほど高い効果を得ることができないのです。

ただ、これらのツールをなぜ利用するかというと、これらのツールから得た被リンクは0あるいはプラスになっており、基本はスパム的な利用でなければマイナスになることはないのです。

これは非常に大きなポイントになっており、マイナスにならないので、基本的には張っておけば運が良ければプラス、最悪のケースでも0という結果ですので、これらのホームページにはしっかりと登録をしていくことが重要になります。

そして現在の被リンクはこれらのツールを利用しなくてはならないくらい難しいものになっており、一般的に被リンクと言うと勝手に集まるものと言われることがあるのですが、実際には勝手に被リンクが集まるということはほぼありません。

そしてこれらを理解して対策建てておくことで、御社のホームページの被リンク数は確実に増えていきいつか期待通りの成果を得れるようになります。

そこで今回は二つの手軽にできる被リンク対策をご紹介いたします。

手軽にできる被リンク対策

手軽にできる被リンク対策

今回ご紹介する被リンク対策は非常に手軽にできるものになっています。

そのため、これらのツールをうまく利用することで自社のホームページへの被リンク数が手軽に増やせるものになっています。

まず一つ目に、@sevenseven7 | Linktreeになっており、こちらはリンクツリーと言われるツールで、単純にアンカーテキストの作成とリンク先のURLを指定するだけでリンクページを作成できます。

もちろんこれらのツールを単にリンク目的とするだけではなく有効活用をしたほうが良いのですが、こちらのツールについては、ソーシャルメディアのリンク先として利用して、そこから複数のホームページを見てもらうといいでしょう。

どういうことかというと、ソーシャルメディアには基本的には1つのリンクしか張れません。

1つだけホームページ運営を行っていれば問題がないのですが、実際には多くの会社さまでは複数サイトを運営してるので、2つか3つほどのホームページを制作されています。

その場合ソーシャルメディアにリンクを張ることができませんので、ソーシャルメディアからリンクツリーへリンクを張ることで、ユーザに御社のホームページをすべて見てもらうことが可能です。

このような利用法があるので、御社もぜひこの利用法を行い、そしてそこでリンクがつくことで、もし被リンク効果があればラッキー程度に認識するのが良いでしょう。

そして次にワードプレスが得意な大阪のホームページ制作会社のページが作成できるknowerというツールになります。

こちらのツールはまだB版のために少し扱いづらいですが、一言でいうと、キュレーションサイトを制作できるツールになっております。

キュレーションサイトと言えばネイバーが有名でしたが、2020年10月頃にネイバーはサービスを終了していますので、その代わりに利用ができるものになっています。

もちろんネイバーのように闇雲にネイバーからリンクを行ったSEOが流行ったようにこちらもやれば成果が出るかと言われると恐らく現在の仕様では難しいものになっていますが、しかししっかりと制作してリンクを行うことで、少なからず成果を出せるとは思っております。

それぞれのホームページの活用法

それぞれのホームページの活用法

今回ご紹介した2つのホームページは確かに被リンク目的で制作することが可能ですが、それだけを狙うにしては少し効果が薄いように思われます。

そのため、これらのツールを利用する際には、別の利用法も一緒に考えていく必要があり、リンクツリーであればソーシャルメディアからの誘導、knowerであれば、自社の別媒体からリンクを張り、そこでまとめを見てもらうことで御社の宣伝というような利用法になっています。

単に被リンク目的としてこれらのツールを利用するのではなくプラスアルファも検討することでその対策は飛躍的に効果的なものになり、期待以上の成果を得ることが可能になります。

関連記事