アクセス解析「グーグルアナリティクス」を見よう

アクセス解析「グーグルアナリティクス」をご存知でしょうか。

こちらのグーグルアナリティクスは基本的には無料で利用できるアクセス解析になっており、すべてのホームページに導入したいツールになっています。

こちらのツールを導入することで、ホームページが抱える問題点が明確になるので、ホームページの成果向上対策が行えるようになります。

そこで今回はグーグルアナリティクスについてご紹介をいたします。

アクセス解析「グーグルアナリティクス」

グーグルのアクセス解析

アクセス解析「グーグルアナリティクス」とはグーグルが提供するアクセス解析になります。

こちらのアクセス解析「グーグルアナリティクス」は非常に高機能なアクセス解析になるのですが、しかし無料での利用ができるので、一般的にはすべての会社さまに導入いただきたいツールになっております。

そしてこのアクセス解析を導入していただくことでホームページが抱える問題点の発見と改善ができるので、非常に効果的なホームページ制作が可能になります。

しかし実はいくつかのポイントを知っておくことが大事になっており、このポイントを理解してからアクセス解析を導入して活用することでより効果的なホームページ運営が可能になります。

データを見すぎない

データを見すぎない

まず基本的なことですが、アクセス解析はデータをひたすら見ていてもホームページはよくなるということがありません。

これは実際にある話で、グーグルアナリティクスを見始めると、グーグルアナリティクスは提供データが非常に多いので、じっくりと見ているとそれだけで多くの時間を消費してしまうのです。

特によくある事例としては、検索キーワードを見ていると、それだけで1日のホームページ運営時間を使ってしまうことであり、確かに検索キーワードを見ていることは楽しいものになりますが、しかしこれらは活用するためのデータになってくるので、そこまで時間を掛けてみる必要がないのです。

そのため、グーグルアナリティクスのデータ確認の際には、あくまでそのデータを利用してホームページの改善を行うという前提があり、これらをしっかりと理解したうえで対策を立てていくことで、期待以上のホームページの効果になるのです。

改善は仮定

仮定から改善

そして次にアクセス解析のデータを見て、ホームページの改善を行いますが、この改善自体は実はデータからの推測によって行われるものになっています。

グーグルアナリティクスは基本的には数値データしか提供していないものになり、どのページに問題があるか、またそのページのどの数値に問題があるかは見て分かるのですが、しかしその改善方法は仮定のものになっています。

そのため、例えば問題の数値を発見したとしても、そのページのどこに問題があるかを数値データで探し、そしてそこからは仮定で具体的な改善方法を検討する必要があります。

そのため、この改善は一度の改善で劇的にホームページ制作の成果が上がるというケースはまれで、どちらかというと何度か繰り返し行って初めて成果を出せるものになっています。

ただ、この改善はホームぺージのお問い合わせ数においては必須になっており、しっかりと対策を行っていくことでホームページの成約率は最適化され、期待以上のホームページ制作になるのです。

アクセス解析を始めよう

アクセス解析を始めよう

2006年ごろにグーグルアナリティクスが提供されて以降かなりアクセス解析の認知度は高まったとは思います。

ただ、まだまだ利用している会社さまは少ないように思われ、実際にホームページ制作をしていると、取り敢えず導入はしているけれども利用したことはないというお客さまが多くいます。

そして弊社が考えるにこのアクセス解析においては、実はある程度集客数がないと成果を出すことが難しく、そのため集客対策ができていない場合は、アクセス解析を見るよりもとにかく集客対策を行ったほうが良いでしょう。

具体的に何人集まれば良いかというのはそのホームページによって異なってきますが、月に10人や100人程度の場合は、トップページにアクセスが集中するので、それほど良いデータとして閲覧することができません。

そのため集客ルートはグーグルでもツイッターでも問題がないのですが、しかし集客数が問題になってくるので、しっかりと集客対策を行ったうえでグーグルアナリティクスを閲覧するようにしましょう。

そして訪問者数が少なかった場合には、単にホームページのデータ確認を行うだけで、問題点の発見も改善もできませんので、しっかりとこれらを行い成功するホームページにすることが重要です。

そして基本的にはアクセス解析を利用し始めたら、その解析データを使って改善していくことが重要であり、実際に弊社のお客さまでも改善はせずに3ヶ月に一度解析結果を持って訪問させていただきますが、毎回似たようなデータになって来て、次第に提案する内容がなくなっていくことがあります。

もちろん改善するためにデータを出しているのだから改善をしなければ同じ提案になってもいいのですが、しかし一応費用を頂いてアクセス解析のデータを見ているので、そういうこともできず弊社では改善ポイントを変更しています。

このようにアクセス解析はまずそれなりの訪問者数がいること、そして改善を行わないと同じデータになること、さらには改善策はあくまで仮説になるということを理解して利用していくことで本当に効果的なアクセス解析の利用になります。

関連記事