例:ホームページ制作会社?ウェブ デザイナー?

ホームページに打ち出す文言についてお悩みの方は多いのではないでしょうか。

この文言については基本的にはそこまで意識をする必要がないのですが、しかし実際にSEOをしているとどのようなキーワードでアンカーテキストを行えばいいか悩まれる方も多いと思います。

この文言については、弊社なりに色々と考えてみたので今回は例として弊社の場合で、ホームページ制作会社?ウェブ デザイナー?のどちらがいいのかについてご紹介をいたします。

ホームページ制作会社?ウェブ デザイナー?

ホームページ制作会社?ウェブ デザイナー?

まずグーグルマイビジネスの用語を見ると実はホームページ制作会社というカテゴリーはありません。

そのため、基本としては、グーグルに登録するカテゴリーはウェブ デザイナーになるのですが、ホームページ制作会社の場合ホームページ内に実はそんなにウェブ デザイナーという文言は使うことが難しくなっています。

そのため、基本的にはホームページ制作会社で行こうと考えており、確かに検索者のニーズを見てもウェブ デザイナーの場合は求職者などになっていると思われます。

そしてそこで必要になってくるのが、このウェブ デザイナーをどう位置付けていくかになるのですが、弊社ではこのウェブ デザイナーについてはグーグルサイトでの集客を考えております。

大阪市のウェブ デザイナー

こちらが弊社のグーグルサイトになっており、こちらのページでしっかりとウェブデザイナーで集客を行うことで、本当に効果的なSEO対策になると思っております。

基本的にはこちらは調べただけの情報ですが、グーグルはページ数と比例して引っかかるキーワード数を制御していると書かれた記事を見たことがあり、仮にウェブ デザイナーで検索順位を上げてしまうと、別のキーワードで順位が落ちるのであまり良い対策であるとは言えません。

もちろん単純にページ数を増やすことでこれは回避できますが、しかし被リンク対策もやってページ数対策もやってとなると本当に膨大な時間がかかるので、現在では新規ページ作成は少し片手間的に行っており、どちらかというと被リンク対策に力を入れているのです。

このように集客キーワードをこのキーワードは少し大変だなと考えれば、外部のホームページに割り当ててしまい、そしてそこで対策を行うことでホームページ制作の成果は飛躍的に高まり、期待以上の成果を出せるようになります。

集客キーワードの選定法

集客キーワードの選定法

このようにあるキーワードに対しての集客を考えた場合に、どうすれば良いかを検討したときに新規のキーワードで集客するためにはそのキーワードでの新規ページ作成対策が必要になってきます。

そしてホームページにはこのキーワード、外部にはこのキーワードと割り振るときに外部のホームページのキーワードはどのように選定していけばいいのでしょうか。

これについては実は簡単で、ホームページのテーマによって決めると良いでしょう。

例えばこのキーワード群は重要だからホームページでSEO対策を行おうと考えてその他のキーワードは無料ブログや外部のサテライトサイトで対策を行うようにします。

そしてこの外部の対策については、単に思いつくキーワードだけではなく、グーグルの認識キーワードも含めていくことで、本当に効果的なSEO対策が実施となるのです。

ただそこで問題になるのが、このウェブ デザイナーなどのキーワードについての記事を書くことになっており、本体だけでも相当な記事数が必要になるのですが、そこにプラスアルファで、新たな記事を書いていくことは本当に時間のかかるものになっています。

そしてこの記事作成において大切になるのは実は、短期間で終わらせようとするのではなく、毎日少しずつの作業で計画建てて行うことになってきます。

どういうことかというと基本的にはSEOに必要な更新頻度があるのですが、この更新頻度については、結構な効果を出していると言わざるを得ないデータがあるのです。

そのため、この更新頻度をプラス評価としながら、対策を立てていくことで、ある程度まで行けば必ずホームページ制作は成功していきます。

実際に弊社のクライアントさまでは、2年がかりで目標ページに到達したのですが、そうなったときには一気に検索順位が高まり、ホームページの成果は飛躍的に高まっておりました。

そのため、確かにSEOで言うと相当なページ数を作成してくださいとお願いするのですが、単純にこれらのページ数は短期間で行うのではなく、中長期的に行っていただくことで、本当に成果の出るホームページ制作となります。

これらの作業を徹底して行い続けることで、御社のホームページ制作は期待以上に成果を生み出し、本当にSEO対策で成功するのです。

基本的には弊社の例でいうと、ホームページ制作会社関係のキーワードは本体のホームページへと集客し、ウェブ デザイナーというグーグルのカテゴライズについては、グーグルサイトを利用していくことで、効率的なSEO対策が可能になります。

関連記事