キュレーションサイトknower

ネイバーまとめのようなまとめサイトを制作できるホームページをキュレーションサイトと言います。

このキュレーションサイトは、ネイバーがなくなって以降ほとんど見かけるものがなかったのですが、先日弊社がインターネットを巡回しているとそのまとめサイトを見つけることができました。

このまとめサイトは、knowerと言われるサービスになっておりますが、ただ現状はB版になっているのでさまざまな不具合を含んでおります。

今回は、キュレーションサイトknowerについてご紹介をいたします。

knower

knower

キュレーションサイトについて調べていると、あるキュレーションサイトを発見いたしました。

そのサイトはknowerと言われるサイトになっており、こちらのホームページを利用することで、簡単にまとめサイトを制作することが可能です。

一例として5つのまとめページをご紹介いたします。

大阪のホームページ制作会社 株式会社セブンデザインの制作実績

高校カナダ留学情報

ワードプレスが得意な大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作・SEOに役立つブログ

カナダ留学情報

これらのまとめホームページはネイバーよりも少しだけ複雑でしたが、しかし短時間で作成することができましたので、ぜひとも制作していただきたいホームページになっています。

運営会社さまがどれくらい本気で取り組まれるかは不明ですが、しかし一応運営者が様のホームページのトップにリンクが張っていたりするので、今後の登録者数次第でその方向性が変わってくるのではないでしょうか。

そのため、現段階で登録したのは、もちろん弊社のホームページの成果向上のためにはなると思いますが、このまとめサイトについてはこれから次第になってくるので、取り敢えずは、様子見での意味での登録となっております。

キュレーションサイトをうまく利用しよう

うまく利用

キュレーションサイトに登録する主な目的は、2つあり、一つ目が被リンク効果、もう一つが訪問者の誘導になります。

ただ現状ではこちらのknowerはまだ立ち上げたばかりのホームページになっているので、どちらもほとんど効果がないと考えています。

ただ、今後を見越してしっかりと制作しておいた方が良いと考えており、そこで重要になっているのが、まとめサイトであったとしてもしっかりと原稿を作成することです。

どういうことかというと、基本的にはグーグルが評価の対象になるメインが原稿になっております。

この原稿についてはSEOで上げる対策は単純に原稿量と被リンクになるのですが、この原稿量が少なくてもいいとグーグルは言っていますが、しかし本当にそうでしょうか。

例えば原稿量が少なくてもいいと言われると、どう考えるかというと、できる限り短い文字でページを制作してそこから被リンクをすればいい、あるいは自分のホームページで1記事あたりの文字数を減らせばいいと考えてしまいます。

そしてこれらを行う根拠としてはグーグルの文字数は少なくてもいいという発言になるのですが、確かに理論的に考えれば効果的ですが、実際にこの文字数が少ない場合には注意が必要になっています。

どういうことかというと、この文字数が少なくても良いの前に「ユーザのために本当に役立つ文字数ならそれでよい」と言っていることであり、このユーザにとって役立つかどうかの判断をグーグルは行うことができません。

そこで出てくるのが、被リンクになっており、グーグルは基本は良質なページを作っていれば自然と被リンクが集まると考えているので、被リンク効果を得ることができるのです。

そのため、基本的には文字数を増やすことが大事になっており、実際に文字数を増やしているだけで上位表示しているホームページもあるので、文字数が多ければ多いほどグーグルに高い評価をされるということができるのです。

そして話が少し別方向になりましたが、このキュレーションサイトにおいても、しっかりと文字数を稼ぐことが大事になっており、しっかりと文字数が多いページを作成していくことで、本当に成果の出るキュレーションサービスとなり、そしてその効果が出るには、運営会社が多少のテコ入れを行ってくれた時であると考えております。

スパム行為は辞めよう

スパム行為は辞めよう

そしてこのknowerなどを利用して大量のまとめページを作って自社のホームページへとリンクをやるような行為は辞めたほうが良いです。

基本としては、このknowerは、あくまでまとめページを作れるものだと認識して、運用していくことが大事になっており、闇雲なページ作成は絶対に良い結果を生まないものになります。

また、現在のSEOの仕様で言えばですが、knowerであってもある程度は原稿を書かないといけませんので、ここで大量にまとめを使う労力をフリーブログの更新に使い、そこから自社のホームページへとリンクする方が効率的だと言えます。

そのため、絶対にスパム行為は行わないようにしなくてはならず、そしてしたところで劇的に順位が上がるものではないと思ってしっかりと対策するようにしましょう。

関連記事