リンクツリーを使ってみよう

リンクツリーと言われるツールをご存知でしょうか。

リンクツリーは単純に言えば1ページのホームページが制作でき、そしてそこにリンクが張れるのみのサービスになっております。

このリンクツリーを使うことで、被リンクが獲得できるようになっているのですが、実際の使い方はそうではないのです。

そこで今回はこのリンクツリーについてご紹介をいたします。

リンクツリー記事は意外と見られる

リンクツリー記事は見られる

リンクツリーはこちらになります。

https://linktr.ee/sevenseven7

こちらが大阪のホームページ制作会社の弊社のリンクツリーになっており、このリンクツリーには単純に弊社が運営する大阪のホームページ制作会社のホームページへのリンクが掲載されているのみになっています。

実はこのリンクツリーの紹介記事を別のブログに掲載したのですが、非常に多くのアクセスを稼いでおり、多くの方が被リンクあるいはソーシャルメディアのリンクに困っているように思われます。

このリンクツリーは基本的にはいくつもリンクが張れるページを制作することが可能になるのですが、基本的にはある程度ホームページ制作で成果を出した会社さまであれば、1つのホームページをいつまでも運営しているということはなく、2サイト目、3サイト目を制作しております。

そしてこれらをすると実はソーシャルメディア系のリンクについては、1つしか掲載できないので、1つのホームページしか打ち出すことができないのです。

ソーシャルメディアのリンク用

ソーシャルメディアのリンク

すなわちこのリンクツリーは基本としては、ソーシャルメディアのリンク用のページが作成できるものになっております。

ソーシャルメディアのリンクは1つになるのですが、こちらのページに訪問することで、複数のホームページへのリンクを閲覧することが可能になるのです。

これは非常に大きなメリットになっていて、ソーシャルメディアを運営していて、1つしかリンクが張れないとなると、その対応に困るとは思うのですが、実はこちらのツールを利用することで、複数のホームページを紹介することが可能なのです。

これにより一気にソーシャルメディアの利便性が高めることが可能になり、本当に効果的なソーシャルメディアとしてホームページを制作することが可能になります。

被リンク目的は辞めたほうが良い

被リンク目的は辞めたほうが良い

そしてこのリンクツリーについては、リンクが簡単に作れるので、被リンク目的として利用される方もいると思いますが、それは辞めたほうが良いです。

というのが基本的には現在の被リンクについてはその価値を見られているものになっており、例えばリンクツリーが簡単にホームページを制作できるからと言って、無作為に大量にホームページを制作してそこからリンクを行っても価値がないので、まったく成果を出せないものになっているのです。

そしてこの被リンクにおいては、実は結構な頻度でグーグルに管理されているものになっており、このような不自然な被リンクが多いと、実はグーグルが目視で確認するものになっております。

そして目視で確認されてしまうと、すぐに不自然な被リンクが大量にあるとばれてしまい、逆に検索順位を落とす結果となる可能性があります。

そうなってしまうとせっかく被リンクを張ったのに逆に検索結果から訪問者が訪れないホームページとなってしまうので、何のためにリンクツリーを量産したのかが分からなくなるのです。

そのため、リンクツリーがリンクができるからと言って、無作為にリンクを行うと逆に検索順位を落とす、あるいは落ちなくてもまったく意味がないものになるので、しっかりとこれらを理解して一つのリンクツリーなどをしっかりと運用していくことが重要になるのです。

しっかりと制作して運用

しっかりと制作して運用

このリンクツリーにおいては基本的にはリンクが獲得できますが、しかしいくつも大量にリンクツリーのホームページを制作して運用しても時間の無駄になります。

それよりも一つのリンクツリーサイトを制作して、それらをしっかりと運用していくことが大切で、1つのリンクツリーサイトをしっかりと更新したり、被リンクを行ったりすることで、期待以上の成果を出せるようになるのです。

この運用においては、基本的には量産は意味がないと理解することが重要になるのです。

現在のSEOにおいては非常にグーグルは被リンクを警戒しているので、しっかりとしたものでなければ成果を出せない、あるいは無作為に行ってしまうと逆に検索結果からの訪問者が減少すると理解をしなくてはなりません。

そしてこのリンクツリーで合ってもしっかりと制作されたリンクツリーであれば、必ず成果を出せるものになっており、取り敢えずは制作するというのでも問題がないのですが、しかしその制作を行った後、しっかりと運用を行うようにしなくてはなりません。

このように現在のグーグルの被リンクの考え方は非常にシビアなものになっており、さらには今後どのように見ていくかが分からないので、しっかりとしたものを制作していくことが大切になっているのです。

関連記事