withコロナとホームページ制作

現在、withコロナと言われる時代になっており、ホームぺージ制作においても、さまざまな変化が発生しました。

現在ホームページ制作会社のお問い合わせ数は二極化していると言われており、めちゃくちゃお問い合わせ数が多いホームページ制作会社か極端に少ない(調べた限り0?)ホームページ制作会社かのどちらかになってきます。

そして弊社のホームページではというと、0ではないのですが、訪問者数の割合的には少ない方になっており、この現象は単純にホームページのデザインやコンテンツに問題があるためです。

そこで今回はこのwithコロナ時代と言われる現在のホームページ制作の在り方についてご紹介をいたします。

withコロナとホームページ制作

withコロナ時代のホームページ制作

弊社ではスタッフブログでもwithコロナ時代のホームページ制作・運営という記事を作成したくらい、このwithコロナはホームページに与える影響は大きいものになっています。

実際にホームページ制作業界で言えば、過剰な二極化が行われており、お問い合わせがあるホームページと無いホームページで分かれております。

弊社は運よくお問い合わせはありますが、しかし実際に訪問者数の割にはお問い合わせ数は少ないと思っており、それは弊社のホームページの掲載内容に問題があるためだと思っております。

そしてホームページ制作会社だけの影響であればよかったのですが、実際には異なり、実は弊社のクライアント様におかれましても、業種によっては成約数が激減していることが発生しています。

特に旅行関係などのホームページが結構成約が悪いイメージで、この成約率が通常のときには1日2,3件お問い合わせがあったのに対して、現在ではほぼ0に近い状態になっているとのことです。

このようにwithコロナの影響は、非常にさまざまな業種で発生している可能性があり、そのためには弊社で取れる対策を検討しなくてはならないと思っております。

その対策とは集客ルートの最大化

集客ルートの最大化

そして、このwithコロナ時代にホームページ制作会社行う対策としては、集客ルートを最大化することではないかと思っております。

どういうことかというと、基本的にはホームページ制作においては、これまでであればSEO対策を行いましょうという提案だけになっていたのですが、現在ではローカルSEOとソーシャルメディアをセットで提案しています。

そして場合によっては、リスティング広告なども提案しているのですが、リスティング広告は予算があるので、取り敢えずはやりたいというお客さまのみの提案になっております。

そしてこの集客ルートを増やす最大の目的は、ホームページ制作の種類には寄ってきますが、withコロナによって成約率が飛躍的に低くなっていると思っています。

これは非常に大きな問題で、大体これまでの実績から言うと成約率は、1%から0.5%の間であることが多くあったのですが、しかし現在はホームページによってばらつきがあるのですが、低いホームページになると0.1%を切るホームページもあるほどです。

そのため、ホームページ制作会社として提案ができるのは、集客力を向上させるか、成約率を高めるかのどちらかになります。

そしてこの選択を考えたときに、おそらく一時的なものになると思いますが、withコロナによって成約率はかなり下がっているので、成約率を上げるよりも集客力を高めたほうが効率が良いホームページ制作といえるのです。

ただしこの集客力には実は結構問題があり、例えば現状でSEO対策を行っている会社さまがSEO対策で100人や1000人、10000人の訪問者を集めるのは本当に多くの労力が必要になります。

そのため、弊社ではこのwithコロナの時代のホームページ制作にとって必要なのは、間口を広げ、SEOだけに依存せずにさまざまな集客対策を行い、少しずつ訪問者数を集めることで、より効果的なホームページ制作になるのです。

この全体的に少しというのはもちろん必要な訪問者数まで増やすことは必要ですが、SEO対策をがむしゃらに行っているよりも効果的で、例えばSEO対策で例えるなら狙ったキーワードで1位を取れば多く訪問者を集客できるのですが、それぞれの媒体で10位程度あれば、最低限の訪問者数が獲得できます。

これが弊社が考えるwithコロナ時代のホームページの集客対策になり、さらにはwithコロナからafterコロナになった時には当然成約率が戻るので、一気にホームページの成果は高まるということです。

そしてこの対策の際にSEO対策の作業は継続する必要があり、弊社が計測している限りで言うと、withコロナになってから結構SEO作業量が減っている会社が増えております。

そのため、今こそがチャンスになっており、ライバルが減っている分御社がしっかりと行えばその差を埋めることが可能になり、効率の良いホームページの集客対策が可能です。

withコロナ時代のホームページ制作における集客は本当に大切ですので、しっかりと成約率が落ちた分を集客力で補うようにしましょう。

関連記事