ホームページの更新で順位が落ちる

SEOのためにホームページの更新を行っているとある日突然検索順位が落ちることがあります。

この検索順位の下落については、非常に難しい問題になっていて、確かにホームページは新規ページを作成しなければ、SEO対策で上げることができないですが、しかし、新規ページを作成すると検索順位が落ちる可能性があるのです。

そこで今回はSEOのために新規ページを作成しても検索順位が落ちるという点についてご紹介をいたします。

新規ページ作成で順位が落ちる理由

新規ページ作成で順位が落ちる理由

こちらは確証はありませんが、さまざまなホームページを見ていて、ホームページの更新をするとホームページ全体のキーワード比率が変わるため、検索順位が落ちるのではないかと思っております。

どういうことかというと弊社の事例で言うとお、弊社は大阪のホームページ制作会社であるため、【ホームページ制作 大阪】で上位表示を狙っております。

しかし実はホームページ制作について数百ページも作ることが難しいのでどうしても話の内容的にSEO対策に関わる内容についての更新が多くなってきます。

その場合にホームページ制作のキーワード比率が下がり、逆にSEO対策の比率が上がるので、ホームページ制作での検索順位が落ちるということになります。

これはかなり問題で弊社でも最初はそこまで考えてホームページ運営を行っておりませんでしたので、この比率が変わることによる検索順位の下落は本当になぜだろうと考えました。

そして他のホームページを見てみても、実際にそのような事例が多くあることなどから、これが原因かと分かり、現在ではなるべくホームページ制作に関する情報をアップしているというわけです。

このキーワードの比率が変わる問題は非常に難しく本音で言えば、【ホームページ制作 大阪】でも上位表示したいですし、【SEO 大阪】でも上位表示したいのですが、しかしこれが中々難しいものになっております。

このキーワードの比率をホームページ全体で考えたときにはどれくらいの比率利用されていたらいいのかも分かりませんし、さらには、ホームページ全体の比率を調べるツールもないので分からないものになっております。

そのためこれだけは避けれない問題だと思い、しっかりと上げたいキーワードに関連する内容で記事を書き続けることで、本当に成果の出るホームページ制作となるのです。

中長期で上がるために

中長期で上がるために

そしてこんなことまで考え始めると基本は執筆が止まってしまうので、「なるべく上げたいキーワードに関連する内容でページ作成」を行うことだけに注力するといいでしょう。

基本的には記事作成による検索順位の下落は、2,3位程度になっており、ここで仮に2,3位下がったとしても、しっかりと更新を続けていれば長い目で見れば必ず上がるものになっております。

SEOコンサルタントなどは、結構SEOは常に変化するから順位の小さな下落は気にしないようにと言い、これはまさにその通りだと思います。

実際に弊社はホームページ制作会社になるのですが、SEO対策のサポートもしているので、検索順位が上がったと喜んでたら次の日に下がったや、一気に検索順位が下がったので明日対応しようとしたら、翌日にはしっかりと上がっていたという事例をたくさん見てまいりました。

このように検索順位は動かないときは本当に動かないですが、基本は日々上下するものです。

そのため、更新作業は基本的にはSEOにプラスのものになるので、下がったからと言って気にせず、しっかりと継続して行うことが本当に大切な対策になっています。

基本的には、SEO対策は上げたいキーワードに関連する内容で常に情報を更新することになっており、これらを徹底していくことで、ホームページ制作は期待以上の成果を得ることが可能です。

また、一点だけ注意点があり、それはある日下がったからと言って、直近の対策が間違えていたと思い、一気に削除することはなるべく回避したほうが良いと思われます。

この削除はプラスに働くことはもちろんあるのですが、多くの場合マイナス要素になってしまうので、その順位が下がった理由次第ですが、その理由を明確にしてから対策を行うと良いでしょう。

これらを徹底して行うことで御社のホームページは飛躍的に効果を生み出し期待以上のSEO効果を出すのです。

実際に弊社もSEOのために記事作成を行い続けておりますが、なかなか検索順位が上がらないと思っておりますが、実際に7ヶ月前と比べると検索順位は平均で50位以上上がっております。

現在のSEOで言えば、量と継続が重要で、質というのは実はそれほど重要視されておりません。

この質について、話をしていると多くの方がグーグルは日本語を認識していると言いますが、基本暗号化したうえでデータベースに格納していることや、さらにそれぞれのページのランキングを決定しているのはそれぞれのページの一部だけを見て判断しているのです。

そして人によっては表現方法が異なるので、これらを完璧にマスターするほどグーグルは賢い検索エンジンではないとグーグル自身も言っております。

そのため、もちろん質を捨てるという意味ではないのですが、質にこだわって記事が書けないよりも、ある程度の質さえあればいいと考え、とにかく更新作業を計測することで必ずSEOで評価されるホームページとなります。

関連記事